FC2ブログ

ことじ♡夢ゆめダイアリー

ことじ保育園の職員たちによるブログです。 日頃の園児たちとの様子や、各行事予定・報告などを掲載します。

ことじ保育園は、毎月本堂で『合同礼拝』を行なっています。
子ども達は、ののさま(仏様)にお参りをして、先生のお話を聞きます。

今月は、“いのち”を大切に生きる ということについての話をしました。
子ども達に、「いのちって何だろう?」と問いかけてみると、
「食べ物を食べて“いのち”を育てている…」と5才児の女の子。
「“いのち”はひどく扱ったら死んでしまう…」「人間以外の生き物にも“いのち”がある…」と4才児の男の子たち。

小さい子ども達の中に、“いのち”という味わいがあることにびっくり!

みんなが食べている、肉、魚、野菜、くだもの等すべての“食”は全部いのち。草や花、樹木…も。すべてのものに
抱かれ、“いのち”をいただきながら生きているのが私たち人間。
すべての“いのち”は平等に尊いものなのに、人間以外の“いのち”をいただかなければ生きていけない私たちなのです。
そのことに気づくことが大切なのです。だから、いただきます、おごちそうさまの時は必ず手を合わせるのですね。

「“いのち”はいろんな“いのち”が集まってできているんだ!そしてずっとずっと繋がっているんだね。だから大切にしなくちゃいけないんだね」と年長さん。

本堂を後にした子ども達は、どこかしら穏やかなやさしい表情に見えました。

みんな、自分の色でいいんだよ、強く明るく生き抜いてくださいね。





スポンサーサイト