FC2ブログ

ことじ♡夢ゆめダイアリー

ことじ保育園の職員たちによるブログです。 日頃の園児たちとの様子や、各行事予定・報告などを掲載します。

本日、『ことじ音楽会』が荘厳寺本堂で行われました。歓迎のアトラクションとして『ことじ保育園マーチングバンド』の迫力ある演奏を行い、その後、弓削田健介さんの歌と語りで奏でる癒しのコンサートが静かに始まりました。どんぐりころころ、たなばたさま、かくれんぼ、おかあさん、アンパンマンの歌などを、次々に歌ってくださり、会場は、笑顔と優しさに包まれました。
弓削田健介さんが子ども達に伝えたい、3つの大切なこと…。
ひとつは、童謡は誰もが持っているなつかしい心のふるさとのようなもの。やさしい言葉で愛情であふれている歌詞ばかりです。今歌っている童謡を、ずっと忘れず歌い続けてください。ずっとずっと年を重ねて、みんなが大きくなっておじいちゃん、おばあちゃんになった時、思い出すのは童謡…、ずっと心に残る歌、それは童謡です。だから大切に歌ってほしいんだよ。

ふたつめは、童謡と同じように、みんなの“いのち”はずっとずっと繋がっているんだよ。ひとりで生まれてきたのではなく、みんなのお父さん、お母さん、そのまたおじいちゃん、おばあちゃんって、もう数えきれないくらいの“いのち”で繋がっている大切なものなんですよ。

みっつめは、みんなの“いのち”を支えているものに、“ありがとう”っていう気持ちをもとうね。例えば、豚肉になるぶたさん、野菜さん、お米さんなど、お魚さん…。漁師さん、農家の人たち、給食の先生、お母さんなど…感謝しなければならないものや人がいっぱいなんだね。

こんな素晴らしい、音楽会を開催してくださった、弓削田健介さん、童謡の郷づくり実行委員会さま、園長先生ありがとうございました。ゆげちゃん、また遊びにきてくださいね♡

お詫び:写真をアップしたいのですが、操作がうまくいきません。いましばらくお待ちくださいませ!




スポンサーサイト